脳卒中のリハビリってどんなことするの?

訪問出張リハビリ整体・ごえんご・脳卒中

脳卒中(脳梗塞または脳出血など)のリハビリテーションは、患者の症状や状態に応じて個別化されるべきです。リハビリテーションの目標は、患者が最大限の機能を回復し、日常生活に戻るための支援を提供することだと思っています。

この投稿は、『~西宮市から、訪問出張させていただくリハビリ整体・ごえんご』が、リハビリを応援する内容をお伝えしております。

自分の足で歩き、元気に生活をしたい!

脳卒中のリハビリで大切なこと

物理療法(PT)

筋力と運動能力を向上させるための運動療法。

歩行再訓練、平衡の改善、筋肉の柔軟性向上などを含む。

言語療法(ST)

言語障害や嚥下障害を克服するための言語療法。

発音の向上、コミュニケーションスキルの向上、嚥下の安全性の向上など。

職業療法(OT)

日常生活のスキルを向上させるための職業療法。

自己ケア、料理、掃除、着替えなどの日常的な活動の訓練。

認知リハビリテーション

脳卒中による認知機能の障害(記憶、集中力、問題解決能力など)を改善するためのトレーニング。

心理的サポート

脳卒中後の心理的ストレスやうつ病などの精神的な側面に対処する支援とカウンセリング。

補助具の使用

杖、歩行器、車椅子などの補助具を使いながら、患者が日常生活をより安全に行えるよう支援。

家族のサポート

患者の家族や介護者に、リハビリテーションプロセスをサポートする方法を教育し、協力を促す。

運動

適切な運動は、血行を改善し、リハビリテーションプロセスを助ける役割を果たすことがあります。

栄養

健康的な食事は回復を支えます。栄養士の助言を受け、バランスの取れた食事を摂ることが大切です。

脳卒中のリハビリテーションは時間と忍耐が必要であり、症状や状態に応じて長期的な取り組みが必要となります。リハビリテーションプログラムは、脳卒中を経験した患者の個別のニーズに合わせて調整されるべきです。

脳卒中の症状が現れた時には、すぐに救急車を呼んで病院で治療してください。その後は病院で治療をして、後遺症が残ればリハビリをしていきます。その後は退院して通院しながらリハビリを行っていきます。この時に障がい者認定、または介護認定をうけて、通院・リハビリをしていくと思います。

病院でのリハビリは限られた部分になってしまいます。もっと個人に合わせたリハビリが回復するためには必要だと感じています。

訪問出張リハビリ整体の特徴は

自宅を訪問させて頂き、病院で行われるリハビリと整体院で行われる施術の要素を併せ持つ生活に密着した‟生活圏全般をサポートする”訪問リハビリしなやか整体・ごえんごとなっています。

訪問リハビリしなやか整体・ごえんごは、医療機関で高齢者の身体を回復させるための、リハビリに従事し、高齢者のフレイル対策介護予防転倒予防の研修を受けた、ごえんご 介護保険外くらし応援サービス 代表:井村督が、訪問出張施術させていただきます。

高齢者の介護・転倒予防、運動不足解消を目的自宅を訪問させて頂き、高齢者一人一人の身体の状態を把握し完全個別式のリハビリ&整体サービスを提供しています。

個人個人のお身体に合わせたプログラムを作成し60分間完全マンツーマンで施術させて頂きます。

訪問リハビリしなやか整体・ごえんごで施術ご希望の方はこちら!

訪問リハビリしなやか整体にて施術のご相談やご質問がある方は、お気軽にご連絡ください!

詳しくは、下記のページをご覧ください⇓

訪問リハビリしなやか整体・ごえんごの案内

兵庫県西宮市より訪問リハビリしなやか整体・ごえんごのHP

様々な方に体験して頂くために‟初回体験”を実施しています。

ぜひご興味が御座いましたら、いつでもご相談ください!

くらしの応援パートナー・GOENGO、代表:井村督

ごえんご 介護保険外くらし応援サービス

代表:井村 督

プロフィール&経歴

公式LINE

お友達登録していただきますと予約を優先的に受付いたします。

友だち追加

電話予約・お問合せ

こちらをクリックして下さい

関連記事一覧