介護士・ヘルパーが疲れる原因は何?疲労回復のヒント

訪問出張リハビリ整体・ごえんご のご案内

「介護士・ヘルパーとして働くと疲れが取れない」「疲れる理由や対策が知りたい」といった悩みはありませんか?介護士・ヘルパーが疲れる理由には、身体的なものから、労働環境・人間関係などさまざまなものがあります。疲れる原因を理解し、上手に付き合っていくことも大切な仕事です。

この投稿は、『兵庫県西宮市 ~ 介護士の為の訪問整体・ごえんご』が介護職の疲れの原因から対策まで、まとめて紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

介護職が疲れたと感じる原因

介護職には疲れを感じるさまざまな要因があります。介護は入浴や排泄介助など、身体的負担を感じる業務も多い仕事です。他にも利用者の方や職場の人間関係における疲れもあります。介護職の疲れの主な原因を5つ紹介します。

  • 肉体的疲労
  • 精神的疲労
  • 人間関係
  • 会社の方針との不一致
  • 私生活と合わない

肉体的疲労

介護職が疲れてしまう原因の一つに肉体的疲労が挙げられます。介護の仕事は、利用者の方の移動介助・入浴介助・排泄介助など、人の身体を支えることが多く、疲労がたまりやすいのが特徴です。

利用者の方の介助以外でも動き回ることが多く、体力が必要な仕事です。また、夜勤があると生活リズムが崩れるため、疲れがとれず負担が大きくなります。

精神的疲労

利用者の方との関係において精神的な疲労を感じやすいのも介護職の特徴です。介護職は、利用者の方や利用者の方のご家族とのコミュニケーションが欠かせません。相手を気遣う必要があり、良好な関係を築けなかった場合、精神的なストレスになります。

特に利用者の方が認知症の場合、暴言を言われたり暴力を受けたりするケースもあるため、大きな精神的ストレスがかかる場合もあります。

人間関係

介護職は、さまざまな経歴や年代の人が集まります。年代が違うことで人間関係の構築が難しいと感じる場合や、考え方の違いから介護のやり方について意見が異なるケースもあります。

介護職は他のスタッフとの連携が欠かせません。そのため、職場内の人間関係がうまくいっていない場合、ストレスとなり疲れを感じやすくなるでしょう。

会社の方針との不一致

企業に魅力を感じて就職しても、実際仕事をしてみると、思っていた方針とは違った面を見つける場合や、自分に合わない仕事を求められることがあります。

自分が考えていた介護と会社の方針に違いがあることで不満を持ち、理想とのギャップから疲れを感じてしまう方も多いようです。

私生活と合わない

介護職は早出や遅出、夜勤など変則勤務があります。変則勤務により生活のリズムが整わず、疲れを感じやすく体調を崩してしまうケースも考えられます。

このように、職場の勤務形態が私生活と合わないために、疲れを感じる方も多いでしょう。

介護士・ヘルパーが疲れたときの対処方法

介護職に疲れてしまったときは、対処方法を試してみましょう。疲れを感じたままだと仕事の効率も落ちてしまいますので、ぜひ参考にしてください。疲れを感じたときの対処方法は次の7つです。

  • 思い切って休む
  • しっかりと発言する(溜め込まない)
  • 気分転換に遊ぶ
  • 上司や知人に相談する(第三者の意見が大切)
  • 身体の不調を整える(整体・靴選び)
  • 目標を見直す(将来性を検討)
  • 転職を検討する

思い切って休む

疲れが溜まった時は仕事を思い切って休むことも大切です。「人手不足だから」「周りに迷惑をかけないように」と自分に鞭打って仕事を続けている方もいるかもしれません。

しかし、そんな状態を続けていれば体調を崩してしまい、仕事が続けられなくなってしまう可能性もあります。時には思い切って休み、リフレッシュしましょう。

しっかりと発言する(溜め込まない)

自分の意見をしっかりと発言し、溜め込まないことも大切です。自分が持っている意見を溜め込んでしまうと、それがストレスにつながってしまいます。

言いたいことを積極的に発言すればストレスも減り、快適に仕事ができるようになるかもしれません。

気分転換に遊ぶ

休日には特に何もせずだらだらしてしまう方もいるかもしれません。しかし、それだけでは疲れが取れない場合があります。たまには気分転換に遊んでみるのはいかがでしょうか?

遊びや趣味に没頭すれば、日ごろの疲れやストレスの解消になります。

上司や知人に相談する(第三者の意見が大切)

悩みを一人で抱えていても、考えが頭の中をめぐるだけで、解決に至らないどころか余計疲れてしまう可能性もあります。上司や知人に相談すれば新しい意見が得られ、仕事に対する考えが変わるかもしれません。また、頼れる人がいれば安心でき、精神的な不安が軽減できるでしょう。

身体の不調を整える(整体・靴選び)

身体の不調を整える対策をとるのもおすすめです。例えば整体に通う、自分の足に合った疲れにくい靴に変えるなどがあります。身体のバランスが整うことで、身体的な疲労が改善されるでしょう。

目標を見直す(将来性を検討)

モチベーションがなくなると疲れを感じやすくなります。仕事における目標を見直したり、将来性を検討したりすることで、モチベーションが上がり活力が持てるでしょう。

しかし、高すぎる目標設定は負担になる場合があるため注意が必要です。少し頑張れば達成できる程度の目標を設定し、仕事にやりがいを持てるようにしましょう。

転職を検討する

どうしても疲れが取れない時は、転職を検討するのもひとつの方法です。別の職場を見ることで、今の職場で恵まれているところを発見できる場合や、新たに魅力的な転職先を見つけられる可能性もあります。

他の対処方法を試しても疲れが取れない場合は、転職も視野に入れるといいでしょう。

兵庫県西宮市から訪問出張する・介護士の為の訪問整体

介護の仕事で疲れが溜まると、仕事を続けることができなくなってしまいます。。。

やめようか。。。転職しようか。。。

そんな気持ちになってしまいます。

そんな時に、介護士ヘルパー専用スッキリ整体をお勧めします!

介護士の為の訪問整体の特徴は

身体・脳が疲れていると、全てがマイナスになっています。目につくことや、耳にすること、考えなど、徐々にマイナスになっています。

介護士の為の訪問整体は、そんなマイナスをプラスにするために、全身の筋肉・関節・脳をスッキリさせるための訪問出張整体です。

ごえんご 介護保険外くらし応援サービス 代表:井村督が、訪問出張施術させていただきます。

訪問出張・介護士の為の訪問整体・ごえんご で 施術ご希望の方はこちら!

訪問出張介護士の為のスッキリ整体・ごえんごにて施術のご相談やご質問がある方は、お気軽にご連絡ください!

詳しくは、下記のページをご覧ください⇓

介護士の為の訪問整体・ごえんご

様々な方に体験して頂くために‟初回体験”を実施しています。

ぜひご興味が御座いましたら、いつでもご相談ください!

まとめ

介護職は体力を使う仕事のため、慢性的に疲れを感じている方も多いでしょう。また、利用者の方や職場のスタッフとの人間関係もあり、肉体的だけでなく精神的な疲労が貯まって疲れが取れないまま仕事をしている方もいます。

介護職を続けていくなら、定期的な疲れの解消が必要になるでしょう。それでも疲れが取れない場合は転職するのも一つの方法です。転職も視野に入れつつ、快適に仕事ができるように工夫しましょう。

身体も心もスッキリしたい! 介護士さん・ヘルパーさん・ケアマネージャーさん・看護師さん!

介護士の為の訪問整体で、身体と心をスッキリさせて、ご利用者様の介護・支援を頑張れる応援をさせていただきます。

くらしの応援パートナー・GOENGO、代表:井村督

ごえんご 介護保険外くらし応援サービス

代表:井村 督

プロフィール&経歴

公式LINE

お友達登録していただきますと予約を優先的に受付いたします。

友だち追加

電話予約・お問合せ

こちらをクリックして下さい

関連記事一覧