指先の伸ばし方 ~ バレエを踊る身体の使い方・シリーズ ⑥ ~

バレエ身体の使い方

バレエを踊る身体の使い方・シリーズ ⑥ 指先の伸ばし方

バレエを踊る身体の使い方・はじめに!

  1. 足指を伸ばす
  2. 膝を伸ばす
  3. 股関節外側へ
  4. 背中の使い方
  5. 肩関節の使い方
  6. 指先の伸ばし方

バレエを踊るときの身体の使い方で足指を伸ばすポイントをバレエボディトレーナー・IMURAがお伝えします。


バレエの美しいポイントは、手先・指先の伸びで変わる!

バレエをおどるときに注目されるポイントは、脚・股関節・の開き・ターンアウト・アンディオールや、膝や、どれだけ甲が出ているか、など、下半身の注意・レッスンが多いと思います。

その次に上半身・顔や首・表現などの注意・レッスンが気になりますね (o^^o)

上記のポイント、バレエ基本身体の使い方は、それぞれ以前にブログに書いてお伝えしています。まだお読みいただいていない方は読んでみて下さい。

どの身体の使い方・ポイントも大切ですが、バレエの美しさを高めている身体のポイントは、手・指先だと感じています。

指先を意識してコントロールしてバレエを踊れるダンサーは、下半身・上半身・方向・表現と、バレエの基本を正しく学びレッスンを続けることでコントロールすることができ始めたダンサーだと経験上感じています。

早く回ることができても、ピタッと止まることができても、指先・手のひら・手首のコントロールができていないと、芸術的なバレエの踊りにはなっていません。

手先・指先だけのことなのですが、全く違う踊りになってしまいます。それだけ手先・指先はバレエを踊る時に大切なポイントだということです。

手先・指先のバレエ基本・身体の使い方は、難しくありません。

難しくないのですが、

意識し続けれない
・コントロールし続けれない
・すぐに忘れてしまう

他のことを考えると手先・指先をコントロールできない。

理由は、いくつかあります。

早く回る多く回る意識で練習しすぎ
・止まる意識で練習しすぎ
・バレエの基本を教えてもらっていない
・バレエの基本レッスンがまだ少ない
・3つの軸を学びレッスンできていない
・手先指先のバレエ基本を教えてもらっていない

などなど!

バレエを踊っているときに、手先・指先をコントロールして踊るためには、バレエ基本・身体の使い方に余裕がなければできないです。

バレエを踊るときの指・手先の伸ばし方

指の使い方 バレエを美しく表現する為に、指先・指は大切です。

一番大切な部位は、どの指でしょうか?

それは、人差し指です。

人差し指を一番遠くに伸ばすと、美しい手先になる仕組みになっています。

この人差し指を遠くに美しく伸ばすためには、どの部位を使えば良いのでしょうか?

指先の力が抜けてきて、だらーんとお化けみたいになって踊っているバレリーナがいます。

あなたは大丈夫ですか(^O^) だらーんとならない為には、次の指を使う方法を理解してレッスンして下さい。

その指は、3本あります。

小指、薬指、中指です。 この3本の指を、薬指が中心になるように、しっかりと間が開かないように、くっつけ続けて下さい。

バレエの指先、手先の使い方、正しい基本をバレエボディトレーナーが解説1
の使い方、正しい基本をバレエボディトレーナーが解説2
の使い方、正しい基本をバレエボディトレーナーが解説3

そうすると、人差し指に力が入り、ピンっと遠くに伸びる事が分かると思います。

くっつける力が強すぎると、人差し指が反り返ってしまうようでしたら、美しく伸びる程度に、くっつける力を調整して下さい。

イメージ出来たでしょうか! あとは、バーレッスン、センターレッスンと意識して使い続けて下さい。

3本の指をくっつける力でバランスを調整出来ることも感じれるようになってくると思います。

手首の使い方

バレエのポジションで立っているときに、良く見かける曲がりすぎた・屈曲しすぎた手首です。

手首を曲げて力を入れた手首の使い方ですと、美しく見えなくなります。

手首が曲がった状態で踊る理由は、指の使い方が出来ていない事がほとんどです。

指を使わないで、だらーんとしていると、手首を曲げた状態にして、手首に力を入れてバランスをとってしまいます。

手首を使わない状態にするには、指の使い方を理解してレッスンで出来るようにしましょう。

腕を動かしている時にも、手首に力を入れ曲がった状態で動かしていると、動きが固くカクカクした動きになり美しくありません。

これも、手首でバランスをとる事がクセになっているからです。

手首でバランスをとると、なめらかな美しい表現が出来なくなります。

腕を動かしている時も、指の3本をくっつけ続けて、人差し指を振付で決まっている方向へ動かしていく事がポイントです。

人差し指をいつも遠くにしようとする事で、手首に力が入らなくなり、カクカクした動きが、柔らかくしなやかに動き始めます。

手首の使い方が大切なのではなく、指の使い方を続けて踊れるかがポイントです。

バレエには、腕のポジションの基本があります。

この腕の基本は、沢山の意味が詰まっています。

まずは、この腕の基本を学びレッスンで実践することで、足裏と腕の連動が起こり、 バレエの美しい軸・体感き刺激が起こり、自然と鍛えられるように考えられて作られています。

普段のレッスンから、指を正しく使い続けて踊りましょう。 美しく踊る為に!!

バレエボディトレーナー・IMURAは、3本の指を使って美しい指先で踊る為の基本を、どのようにコントロールしていくのか?など、応援させていただいております。


このブログは、バレエボディトレーナー・IMURAが、バレエの身体の正しい使い方を解説しています。

バレエボディトレーナー・IMURAでは、バレエ整体&バレエの身体の正しい使い方レッスン(バレエ基本)で、バレリーナさんを応援しています。

詳しくは下記をご覧下さい⇩

バレエサポート・バレエボディトレーナー

LINE・予約・ご相談 OK

LINE・予約受付させて頂きます。まずは友達登録をお願い致します。

友だち追加


メール・予約・ご相談 OK

@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp @i.softbank.jp の場合、メール設定で imu3bbt@gmail.com が受信設定して下さい。パソコンのメールアドレス Gmail Yahoo Outlook などのフリーメールアドレスは大丈夫です。

    電話予約 080-1452-1376

    imurabbt

    バレエボディトレーナーの井村です。 このサイトを運営・制作しております。 宜しくお願い致します。

    関連記事

    特集記事

    TOP